通学時の防犯グッズの種類について紹介

通学 防犯

子供をお持ちの方は学校の通学時の防犯対策についてとても気を使っていることと思います。また、学校も対策をとっています。通学路に先生や保護者の方を配置したり、防犯ホイッスル、防犯ブザーを持たせたりしています。とりあえず、子供に知らない人にはついていかないことを徹底しておしえます。子供は知らない人の定義があいまいなのです。愛想の良い人などは子供にとっては対象外になってしまう可能性があります。次に、もしも何かがあったとします。こんなときは大声を出して逃げるのが一番なのですが、できないときは防犯ホイッスルや防犯ブザーを活用しましよう。日ごろから使い方を教えておくと安心です。あとは、GPS付きの子供用携帯電話やスマートフォンです。これがあれば子供の居場所が分かるので、より一層安心できます。

通学時のもしもの時に役立つ防犯グッズ。

朝、子供を学校へ送り出し、夕方に帰宅するまで通学路で何か起こらないか心配です。知らない人から声をかけられてついていかないよう、よく指導しましょう。子供は知っている人と知らない人の区別があいまいなのでそれぞれを定義づけて教えると効果的です。それでも万が一の事態が起こるかもしれません。そんな時に役立つのが防犯ホイッスルや防犯ブザーです。防犯ホイッスルは犬笛のような形状で、吹くと高い音を発します。また、防犯ブザーは本体に着いているひもを引くとアラームが大音量で鳴ります。昨今は防犯ブザーを生徒全員に貸し出している学校も多く効果の高さをうかがわせます。個人で購入するときはアラーム音の大きく子供にも使いやすいもの、ランドセルに取り付けやすく防水で壊れにくいものを選びます。あと、電池の残量は定期的に調べておきましよう。

通学時以外でも安心して子供を外出させることができる防犯グッズ。

子供が外出するのは通学だけとは限りません。友達の家や公園などに遊びに行くこともあります。こんな時に役立つのがGPS付き子供用携帯電話、スマートフォンです。これらは多くの携帯会社で契約でき、子供用なので電話とメール、GPSによる位置情報に機能が特化されとても便利です。中には防犯ブザー機能も内蔵されている機種もあります。機種にもよりますが、GPS機能を利用して目的地に着くと自動的に親の携帯にメールが届くサービスを行っているものもあります。また、警備会社と連携して子供の居場所を随時把握でき、有事には警備員が現場に駆け付けるというサービスも提供されています。ただ、学校によっては携帯電話やスマートフォンの校内への持ち込みを禁止しているところが少なくありませんので通学時は防犯ホイッスルか防犯ブザーを持たせるのが良いでしょう。