通学時に子供自身ができる防犯対策の方法

通学 防犯

子供を持つ親、特に小さな子供を育てている親であれば、誰もが不安になるのが、防犯面です。小学校に上がるとき、通学するのに親の目が届かなくなります。最近ではさまざまなことが起きています。トラブルも、いつどこで起こるかわかりません。防ぎようのない事も、正直出てきてしまいます。しかし、少しの工夫で防げることも、当然あります。通学路は比較的安全な道を、という事で考えられていますが、危ない場所もあったりします。近所の顔見知りによる犯行も、ニュースで取り上げられたりしていますよね。実際のところ、危険は身近にあります。知っている人だからといっても、確実に安全だと言いきれないのが、怖い所ですね。その中で、子供の為に親が出来る事、子供が自分自身で出来る事、それぞれあります。通学に焦点を置いて見ていきましょう。

子供の通学時におすすめの防犯グッズについて

特に新入生として小学校に上がる前に、防犯グッズを用意しておくことをおすすめします。通学時の防犯グッズとして定番なのは、防犯ブザーですね。どれでもいいわけではないので、条件を確認しておきましょう。音の大きさは100db以上、警報が簡単に止められないタイプであるか、防水タイプかをしっかりと確認しておきましょう。小さな音では防犯の役割は担えませんし、簡単に止められてしまっても意味がありません。次に、GPS搭載の防犯グッズをご紹介します。これは子供の位置情報が確認出来る為、今何処にいるかがわかり安心です。これには携帯タイプの者や腕時計タイプの物があり、それぞれ特徴が違います。いずれにしても子供の位置状況の把握は、防犯に繋がると言えます。通学時の防犯グッズに関しては、以上のふたつが大きな役割を担ってくれます。

子供の通学時の防犯対策について

最近では学校でも、登下校の際にICチップなどで感知して親に連絡を入れるシステムを導入したり、防犯対策を進めています。しかし、通学中は何が起こるかわかりません。できる限りの防犯対策をしておきたいですね。グッズ以外の防犯対策となると、いざという時にどうするべきか、子供に言い聞かせておく事も大切です。例えば、通学中に知らない人に声をかけられた時にはついて行かない事や、知っている人でもある程度の警戒心を持っておく事などです。また、誰かに追い掛けられた時には助けを求めるなど、基本的な事から教えておきましょう。そして、通学路に子供が逃げ込める場所があるかどうかも、確認しておきましょう。例えばコンビニや交番があれば最適ですが、無い場合も多いですね。そんな時は誰か大人がいる場所を見つけておきましょう。自分の身は自分で守るという事は、大切な事です。さまざまなグッズや対策を駆使していきましょう。