自動車運転での法律

自動車運転での法律には

自動車を運転すると守るべき法律

自動車を運転する際には様々な分類の法律を守る必要がありますが、その中でも道路交通法と言う法律は必ず守る必要があります。道路交通法に違反した場合には警察官から反則切符をもらいます。反則切符には様々な事項が記載されていますが、特に大切なことは反則金を納付する事です。反則金を納付すると刑事事件にはなりません。反則金を納付しないと約3ヶ月後には簡易裁判所から呼び出されて即決裁判を受ける事になります。ほとんどの場合反則金の納付を命じられた上に前科が付くので、事前に納付しておいた方が良い場合がほとんどです。

法律はいろいろな基準で

法律は、いろいろな基準で分類することができます。例えば、私法関係のものは民事系、犯罪に関するものは刑事系といった具合です。その他にも、行政法などがあります。ただし、こういった分け方は相対的です。例えば、行政法の中でも、道路交通法には罰則規定がおかれている通り犯罪に関する規律はおかれています。民事系についてもしかりです。そのため、こういった分類をすることに意味があるのかと感じるかもしれませんが、大枠として法律の分野を見ることは意味があります。それは、それぞれの分野に共通の事柄を抽出することが容易になることです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 細かい法律の分類では All rights reserved