税理士が相続に関わる

税理士が相続に関わる場合

税理士が相続に関わる場合とは

税理士は税務に関する専門家です。よって業務内容は税務の代理や書類作り相談等が含まれています。 そして相続において彼らが必須である場合があります。それは税の申告をする必要がある場合です。しかしこれは最低でも3600万を超える財産がある事が前提でない場合税を支払う事は不要なので申告も当然不要です。 また相続が3600万超えたからと言って実際に申告の必要が発生するかと言うとそうならない場合もある事があります。その場合は申告が必要か相談するなりして調べ整理してトラブルを防ぐ必要があります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 細かい法律の分類では All rights reserved