法律に関する書籍

法律に関する書籍には

法律書籍はジャンルごとに分類

法律書籍はジャンルごとに分類されています。書店のコーナーを見ればわかりますが、大体は扱う法令ごとに分けられています。大きなくくりで民事、刑事、行政、憲法といったくくりの場合もあります。その他には、金融系、税法系、その他細かいもので分けられています。このように、書籍が法律事に細かく分類されている理由は、扱う法令によって全く異なる考え方をすることもあるため、一緒にする意味がないからです。また、その方が対象を明確に選定しやすくなるため、選ぶ際に便利です。そのため、このように分けられている傾向にあります。

民事や刑事という分類について

現行の法律はその本数が膨大であることから、特定の観点から分類を行いわかりやすくすることがあり、民事法と刑事法という分け方などもその一種であるといえます。民事法は、私人間における法律関係を規律しているもので、刑事法は、国家の刑罰権についてを起立しているものといえます。たとえば、契約をたがえて相手に損害を与えてしまったとすれば、それは民事法による損害賠償として解決すべき問題となりますが、同じ損害でもその契約が詐欺であって当事者が警察に逮捕されたという場合には、刑事法にしたがって刑事罰が科せられることになります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 細かい法律の分類では All rights reserved