最新の子供に持たせて安心通学時の防犯グッズ

通学 防犯

子供の通学で気になるのは防犯面です。子供を巻き込む犯罪は増加傾向にあり、毎日心配がつきません。何か起こってからでは遅いので、日ごろから家族で防犯について、いざという時の対処法など話し合いをしておくとよいです。防犯への意識も大切ですが、低学年ならまずは防犯ブザーを持たせるのがよいです。防犯グッズの定番でもあり、いろんなデザインがあって可愛いです。最新のものでは防犯ブザーに見えないほどおしゃれなつくりになっており、ランドセルについていてもそれと分からないほどです。中にはGPS機能やセキュリティ会社に通報される機能搭載の防犯ブザーもあってより安心です。また子供向けの携帯電話ももはや定番といえます。通話やちょっとしたメール、GPSもついていて居場所を検索できるので活用しているご家庭も多いです。

通学時、グッズだけに頼らない防犯のポイント

通学時の防犯対策はグッズだけに頼っていてはいけません。子どもが安全に登下校できるよう、いくつかのポイントをまとめてみました。まずは通学ルートについてです。あらかじめ決めた通学ルートを使い、歩道がないところでは広がらずに車道からできるだけ離れて歩くようにしましょう。路上駐車車両には近づかないのが安全です。通学は一人にならないように誰かと一緒に行動しましょう。一人の際はひとけのない場所に近づかないようにしましょう。たとえ家の近くでも玄関に入るまでは気を抜いてはいけません。鍵を開けて中に入る様子を不審者に見られていると、家の人が居ないと思われ狙われやすいので、周りに人がいないことを確かめてカギを開けましょう。マンションのエレベーターも知らない人とは乗らないほうが安全です。

通学時の防犯対策、子供にしっかり伝えておきたいこと

不審者はどこに潜んでいるかわかりません。毎日の通学の様子をどこかで見ているかもしれません。「知らない人にはついていかないように」と教えるものの、相手が子供のことを知っていればなんとなく気を緩めてしまうかもしれません。子供の持ち物に名前をつけるのは親の役目ではありますが、通学時に人目につく場所に名前を書くことは危険です。名前を呼ばれたら知り合いかもと勘違いしてしまうこともあります。名前は簡単に目につかない場所に書くなどして子供の個人情報を守ってあげることも防犯対策です。もしもの時は、防犯ブザーを使って逃げる方法もしっかり教えておきましょう。すぐに手に届く場所につけ、電池切れなどのないよう日ごろからチェックしておくことも大切です。合わせて大声をあげる練習をしておくのもよいです。