廃棄物に関する法律

廃棄物に関する法律とは

廃棄物の法律上の分類

ごみや汚泥、その他の不要物には法律による分類があり、大きくは事業活動によって生じた産業廃棄物か、その以外の家庭から出された一般廃棄物かということになります。このような分け方によって、事業者がみずからの責任において処理すべきものなのか、それとも市町村の責務として収集や処理を行うべきものなのかといった、概略の性格が決まってきることになります。一般として分類されているもののなかでも、さらに大きくは法律によってごみとし尿といった種類があり、ごみのなかでも家庭系ごみであれば、さらに一般ごみ、粗大ごみといった系統があります。

法律の分類をする意味について

法律の分類をすることには、それぞれの分野の共通項を見つけることができる点で意味があります。これは、学習や研究の時もそうですが、実務でも運用にあたって有用となります。また、性質上他の分野と考慮事項が異なることがあるため、分類をすることで混同せずに理解をすることが可能となりますし、初見の法律でもそれはどういった趣旨で規定がおかれているのかを理解することができます。そのため、初めて見る分野の法令を見る際には、まずそれがどういったタイプのものであるかを見るのがおすすめです。この点については、1条に目的が定まっていることが多いため確認すると良いでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 細かい法律の分類では All rights reserved