底地の価値は立地

底地の価値は上屋ではない

底地の価値は上屋ではなく立地

古くなった住宅でも底地に価値があれば、取引価格は高くなります。上部の上屋が非常に古く解体が必要な場合には、解体費用を考慮して取引価格を決めることが必要となります。すぐに新しい建物を建設する予定がない場合には、急いで解体して更地にしてしまうと、固定資産税などが高くなることがあるので、上屋をそのまま残して取引をしたほうがよいことがあります。底地の価値は立地条件によって決まってくるので、人気が高いエリアであれば、高値で取引されます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 細かい法律の分類では All rights reserved