グッズだけではない通学の防犯サービスのご紹介

通学 防犯

近年、犯罪被害者が低年齢化しており、子供の通学時に防犯対策を取ることの重要性が叫ばれるようになってきました。そこで、ここでは是非知っておくといい防犯対策について紹介していきます。始めに、次のような約束を作ってしっかり守らせることをおすすめします。登下校の時に知らない人に、「駅までの道が分からないから一緒に来て」とか「お菓子を買ってあげるから一緒に遊ぼう」などと言われても知らない人には絶対ついていかないという約束をすることで知らない人についていかない子供を育てることが大きな防犯対策にもなります。また、寄り道をして一人で遊ばないという約束をすることも重要なことです。下校する時は寄り道をせず真っ直ぐ家に帰り、下校後もできるだけ保護者の目が届く場所で遊ばせるようにするといいです。

通学時の効果的な防犯対策についてお教えします

子供にいつも周囲をよく見る習慣をつけさせるのも通学時の防犯対策になります。ゆっくりと自分の近くを走る不審な車や、後をついて来る怪しい人に気をつけるようよく子供と約束しておきます。万が一危険を感じるようなことがあれば、大きな声で助けを呼ぶよう練習しておきます。特に新1年生は、入学前に準備として、防犯ブザーの使い方をあらかじめ教えて練習させることも重要です。また、犯罪被害を防ぐような対策をしておくこともおすすめです。子供というのは、自分の名前を呼ばれると、知らない人ではないと勘違いし、警戒心を解いてその人についていってしまうものです。そのため、見えるところには記名しないことをおすすめします。ランドセルに名前を書くときは、自分しか見えないところに書くなど近くで見てやっとわかる程度にするといいです。

今人気の通学の防犯サービスについてお教えします

子供が小学生になると行動範囲も広くなり、幼稚園時代のよう送り迎えをする必要がなくなります。そこで、新たに不安なことや心配な面も出てきます。最近、通学の防犯対策として子供のランドセルにICタグをつけて、子供が門を通過するとその結果(時間)を記録するというサービスがあり人気になっています。門のところにアンテナセンサーや防犯カメラを設置してその様子を記録するのです。子供が、そこを通るときにアンテナがICタグを感知して記録するサービスです。センサーを通して子供の登下校の時間をチェックし、安全や安心を見守ります。番号が付いたICタグを子供がランドセつけて登下校する時に、校門に設置しているアンテナが番号を感知して、職員室のパソコンへ送ります。また、子供が校門を通った時間を4週間分記録、防犯カメラで門付近の様子を24時間録画するため登下校の様子が動画で確認できます。