通学時に役立つ防犯対策のノウハウ

通学 防犯

近年、子供をターゲットにした恐ろしいトラブルが増えてきています。大事なお子さんがトラブルに巻き込まれるなど想像もしたくないですよね。毎日学校に送り迎えする訳にもいきませんが、子供達だけの通学は確実に安全と言われない限り、中々安心できません。しかし、年々地域の防犯や通学路の防犯は強化されているようで、大事なお子さんを守るために通学路の防犯が強化されるのは親御さんからすると嬉しい傾向です。防犯グッズも沢山の種類が出ているようで、少しでも子供達が巻き込まれないためにもこのような防犯グッズは是非とも、もっと進化していってほしいです。このような防犯グッズなどを活用し、一件でも子供が巻き込まれる恐ろしいトラブルが減ることと、大人が子供の為に何ができるかをしっかり考えていきたいです。

子供たちを守る為の防犯グッズを紹介

皆さんも見たことや使ったことがある防犯ブザーは学校や地域で配っているところも多く、近年は持ってない子供はいないのではないかというくらい、ランドセルに防犯ブザーをつけている子がほとんどです。学校で販売や配布している所も多く、お値段も500円から1500円程度とお手軽なので子供にも持たせやすいです。また、使い方も簡単で、紐を引っ張るだけというシンプルさなので、子供も簡単に使えます。紐を引っ張るだけで周囲に、自分の危険を知らせる事ができますので人気があります。最近は、ランドセルカバーと一体化されている防犯ブザーや可愛いキャラクターの防犯ブザーなどもあり子供も喜んでつける子が多いようです。大人が気づかないような場所で子供が危険な目にあった時など、大きな音で知らせてくれるので、防犯ブザーは通学時の防犯に最適です。

子供を守るために大事なこととは

防犯ブザーは必需品です。しかし、防犯ブザーだけでは心配という親御さんも少なくはないと思います。そこで、近年流行っているのが子供用のGPS携帯です。最近は学校でGPS携帯の持ち込みを許可している学校もあります。勿論、携帯電話の使用は禁止です。時間を忘れて遊んでしまったり、通学路で道草をしてしまって帰ってこなかったり心配ですよね。そんな時GPS携帯を持たせていると安心です。子供自身が危険を感じてGPS携帯から親御さんに連絡することもできます。シンプルな操作性の物が多いので子供でも使いやすいですし、親御さん自身で使用制限をすることもできます。沢山の便利な防犯グッズがあってもやはり不安は消えるわけではないです。自分だけでお子さんを見ることには限界あります。そこで大事なのは地域の皆さんの協力です。地域の皆さんで声をかけながら、子供の安全を見守るのは一番の通学路の防犯になるのではないでしょうか。